何が悪いのか的確に言えるものはいるのだろうか

ベガルタが勝てない。 何が悪いのか。 それを明確に、的確に指摘できるものはいるのだろうか。 DAZN解説でFC東京戦は岩政、横浜Fマリノス戦は福田と味のある解説を経て、ベガルタがかかえる問題は多少客観視はできたようには思う。東京戦は早い時間に失点し、「戦えている」ようには見えたが、東京さんの得意な先攻逃げ切りの戦い方に付き合わされていたにすぎない。なんなら少ないながらもあったチャン…

続きを読む

J1の洗礼 木山監督の手腕が試される 試練の夏

4-3-3木山ベガルタは白星に見放される、試練の夏。 再開後からここまでの試合をざっと振り返り、 問題点を洗い出してみようではないか。 ウイークポイント、ストロングポイントを それぞれ改善したりブラッシュアップしていくことで 必ずや勝ち点につながるはずだ。 まずは4-3-3。 攻撃陣から見てみよう。 ぱっと見には強力な布陣も、 ゲームを見ていればほぼ守勢。守りのタスクが…

続きを読む

新生ベガルタ仙台4-3-3攻撃的につなぐサッカー

再開後、4-3-3 攻撃的なサッカー つなぐサッカー 従来のベガルタ仙台イメージを払拭するまでにはいたらないが、チームは確実に進化・変化を遂げつつある。 観ていて楽しい。 わくわくする。 そういった中盤から前線への布陣になっている。 松下や関口が高い位置でプレイし、 守備は高い位置からプレッシャーをかけている。 継続していけば必ずやゴールへ結びつきそうなサッカーだ。 …

続きを読む

Jリーグ再開へ

サッカーどころかJリーグどころか、 一時は世界が世の中がどうなることかと不安になった。 いや、いまだに世界レベルでは沈静化したとは思えない。 日本でさえ、燻りは消えていない。 だが、 我々のサッカーが帰ってくる。 Jリーグ再開だ。 この日をどのようにして、 どのような気持ちで迎えられるのか、 正直想像もできなかった。 いまいち、 どう…

続きを読む

リーグ再開に向けて

リーグ再開に向け、 ついに全試合日程が再編された。 近隣都道府県への遠征プログラム。 観客数制限によりホームの利はいかせるか、 なにより過密日程を耐え抜けるチーム力は備わっているのか などなど不安要素も大いにある。 それにしても今季はレギュレーションも大幅に変更になっているので、 リーグの楽しみ方はこれまでとはまったくの別もの。 今季だけを切り取ってしまうのも勿体…

続きを読む

2020シーズン ベガルタ仙台ネクストステージへ

2020シーズン ベガルタ仙台ネクストステージへ 木山体制が楽しみな2020シーズン。 新陳代謝が進み、チームの象徴が契約満了。 今オフは、梁、石原、大岩、永戸、阿部、吉尾、ハモン、アコスタ 大幅な戦力の刷新に着手した。 インするのはゲデス、パラ、クエンカ、赤﨑、吉野、浜崎。 佐々木匠とユノがレンタルバック。 新しい顔ぶれにわくわくが止まらない。 …

続きを読む

新体制 木山ベガルタ

新監督に今季モンテディオ山形を率いた木山監督が就任。 J2屈指の強固な守備を誇った木山監督の手腕が、 初めてのJ1での采配でどこまで通用するか。 一方、ベガルタ仙台の選手更改は着々と進んでいる。 守備の要、クバ、シマオ、平岡、 蜂須賀、道渕、松下、椎橋、照山、田中、 ジャーメイン良、石原崇、佐々木匠、長沢といった主力級選手たちと来季も引き続き戦えるのは大きい。 ここまで…

続きを読む

監督解任、新たなる船出2020シーズンへ

監督が事実上の解任。 2020シーズンは山形を率いた木山監督の就任が有力。 シマオ・マテ、ヤクブ・スウォビイク、長沢駿、松下佳貴、 ピッチで戦術の中枢を担う選手たちの契約更新は朗報だ。 誰がどんなサッカーを展開するにせよ守備の構築、 中盤のボール供給、トップのオプションは欠かせない。 戦術長沢。このオプションをいかしていただけると、 戦術の幅が広がるはず。 (今季は戦…

続きを読む

残り5試合、再現性の高い攻撃に着目

名古屋戦2-0で快勝。 セットプレイとPKの2点。 早い時間の先制点を守り抜き、追加点を奪って逃げ切った。 監督の采配も見事だった。 長沢が頭部に負傷あったにせよ長沢を阿部に交代。 実戦遠ざかっていた阿部に一抹の不安はあったものの、 阿部だからこそのキープ力でPKだったように思う。 その後のハモンから金に交代し3バックへシステムチェンジ。 関口を椎橋に変えてブロックを敷く…

続きを読む

残り6試合 降格か残留か

不甲斐ない戦いが続く。 熾烈な残留争いに巻き込まれ残り6試合。 序盤は守備の建て直しに苦戦し、 3バックから4バックへ転向。 大岩・平岡ラインから金・常田を経て、 平岡・マテに落ち着き守備は再構築された。 しかし、今季のベガルタ仙台は、 シーズン通していえることだが、攻撃の引き出しが少ない。 松本戦で攻略されたのはセンターですべて跳ね返す作戦。 サイ…

続きを読む